文字認識・帳票仕分け機能

手書き・活字文字認識

手書き・活字文字認識

ディープラーニングを使用した独自開発のAIアルゴリズムを活用。ひらがな、カタカナ、漢字、数字、アルファベット、記号、印刷でかすれた文字など、様々なタイプの文字を認識できます。

文書仕分け

文書仕分け

事前に登録されたテンプレートをもとにして、異なる種類の文書を高精度で仕分けます。

情報抽出機能

様々なフォーマットの文書から情報抽出が可能

手書き・活字文字認識

定型文書読み取り

各種申込書や申請書、アンケート、作業報告書など、予め帳票フォーマットが固定さている文書をAIが読み取ります。
事前にテンプレートを作成することで、精度高い読み取り結果データを取得することができます。

事前に登録されたテンプレートをもとにして、異なる種類の文書を高精度で仕分けます。

非定型文書(全文OCR)読み取り

レポートや契約書などの非定型文書でも、読取定義(テンプレート)を作成することなく、AIが文書内の文字を自動で検出し、読み取ることが可能です。
認識結果はPDF(テキスト付)として出力し、文書管理やPDFビューアで検索可能です。

運用管理機能

メンバー・グループの管理・権限設定機能を提供。
利用状況の確認画面では、対象書類単位だけではなく、グループ・メンバー単位での確認が可能です。

メンバー・グループ実績

メンバー・グループ実績

メンバー・グループの管理・権限設定機能を提供。
利用状況の確認画面では、対象書類単位だけではなく、グループ・メンバー単位での確認が可能です。

権限設定

権限設定

テンプレート、タスク設定のファイルへのアクセス権をグループ単位で制御します。ファイルの閲覧、編集などの権限をメンバーごとに付与します。

利用実績の確認

利用実績の確認

メンバー・グループごとに、SmartRead上で操作できる機能の権限を設定することができます。

API連携機能

システムとの連携

システムとの連携

レポートや契約書などの非定型文書でも、読取定義(テンプレート)を作成することなく、AIが文書内の文字を自動で検出し、読み取ることが可能です。
認識結果はPDF(テキスト付)として出力し、文書管理やPDFビューアで検索可能です。

製品の機能や導入に関するお問い合わせはこちら